×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベストキット

かなり久しぶりになる ここの新ページですが^^
今回は これまでで 会った中で一番感慨深かったキットについて 触れたいと思います。

キットは1/20 の 風の谷のナウシカシリーズです
このキットは 作品放映当時 ツクダオリジナルから販売されてたシリーズを 2004年に
バンダイから スタジオジブリシリーズとして再販?されたシリーズです




従来からキットの再販(金型譲渡)は、どのジャンルでも行われてますが 
売れ行きはやはり 金型そのもので出来が影響するのも事実です
この「ナウシカ」シリーズにしても同様で
時代に伴い多色成型+瞳デカール付属という形で発売されましたが
再販?ということもあり 過去に製作経験のあるモデラーさんもが
手にされる数が少なかった商品です
再販(昔の物)のイメージが当然強かったわけです。


ですがこのシリーズ 再三繰り返し書いてる 再販? の文字どうり 意外と とんでもないキットだったのです
下記でで照らし合わせていきますが・・ 似て否なり の言葉は このキットにこそ合いそうです。
元のキットが単色成型ですから 多色成型に変更するには金型はそのままでは 使用できません
よってパーツ構成は変更することになります
はじめ漠然と「色プラになって瞳もついて良くなったもんだ」とだけ 私も思いましたが
このシリーズ分割しただけでなく ほぼ全パーツに手が入ってます。
新規キットと言ったほうが表現が正しいかもしれません。

ポーズが既存のキットと殆ど変わらないだけに 
店頭で箱眺めてるだけだと気が付かない人が殆どだったと思います。
トリウマ ボディ
ナウシカ 胴&テト
ナウシカ腕
トリウマ 腰
装備

装備 トリウマ
ベース
ナウシカ 足と顔


旧キット側は再販時の磨きが悪かったのか 金型磨耗したかでモールドが甘くバリもでてます
新キットは彫り直し程度ではなく 新たにパーツが起こされても います
対比できる旧キットが これしかないのですが  
ガンシップ 等も製作談聞くとかなり良くなってるようです

何れにせよこの金型製作時のバンダイさんには脱帽します
秀作でありながら 時期遅れの再販的な評価しかされかったことが惜しまれるシリーズです